iSTAMP

お問い合わせ

マイページ

iSTAMP こんな風に活用しています

1: ラーメン店 リピーターが増えた上にコスパが良い。アイスタンプはバランスに優れてますね。

開店から3年経ちますが、駅から少し離れているという立地面のマイナスがあリリピート集客に課題を抱えていました。常連客はついているものの、初来店から3回位までのお客様にもっと再訪していただきたい。また、再訪の施策としてクーポンを配布していましたが、効果の程が数値で見えづらいと感じていました。

なにか打ち手がないかネットで調べていたときに見つけたのがアイスタンプです。アプリのポイントカードなら再訪率やクーポン利用率なども数値化できるし、スタンプの景品を変えたいときにすぐ対応できる。もちろん決め手はなんといっても月額金額の安さで、お試し感覚で気軽に始めることができました。

結果としてはアプリを使ってくれるお客様が徐々に増えて再訪を把握できています。また、スタンプの景品で出した餃子を気に入ってくれて、注文してくださるお客様が増えたことで客単価も上がりました。

2: 焼肉店 従業員が使えるよう管理がシンプルで効率的なアプリを探してました。

お客様の来店頻度を上げるために店舗集客アプリの導入を考えたのですが、パソコン操作に不慣れな従業員も多いので高機能というよりはシンプルで使い勝手が良いものを探していました。アイスタンプはほかの店舗集客アプリと比較したときに、「欲しい機能だけが搭載されていて無駄なものがなく安価」だったので興味を持ちました。さらに複数のジャンルの店舗が加盟していて、個別のアプリとは違い他店のお客様にもプッシュ通知でキャンペーン等のお知らせができる点が決め手となりました。

導入して間もないですが、アイスタンプ側が用意してくれたPOPやステッカーを見て、お客様が料理を待つ問にアプリをダウンロードしてくれています。登録も簡単なので、来店日から利用してくださるのが嬉しいですね。

3: カフェ アプリのスタンプカードに切り替えたことで、数値化が図れるように。

以前は紙のスタンプカードを配布していましたが、財布にカード類が溜まるのを嫌がるお客様が多く受け取ってもらえないことが多くありました。そこでアプリのスタンプカードに切り替えることを決めたもののアプリを制作するとなると費用が高くなるため、安価なものがないか検討していた時にアイスタンプを発見しました。

実際に導入してみると、これまでまったく把握できていなかったスタンプの付与や景品交換の履歴を数値で知ることができ、お客様の再訪パターンについて仮説を立てて施策を打てるようこなりました。

アプリでメニュー開発のアンケートを実施できたりと、スタンプアプリ以上の機能で集客に役立てることができています。

トップへ戻る

  • facebook
  • twitter
  • line
  • instagram